女神散

女神散(にょしんさん)
この漢方薬について 女神散は、江戸時代の名医浅田宗伯が
婦人の血の道症によく効くことから
命名した漢方薬です。
その名前が示している通り、女性特有の
諸症状に用いられる漢方薬で、血の道症、
産前産後あるいは更年期障害による
不快な症状を和らげます。
女神散は、のぼせ、めまいを伴った
産前産後の神経症、更年期障害、
生理不順、血の道症といった女性に特有の
症状のほか、神経症にも用いられます。
効能・効果 体力中等度以上で、のぼせとめまいのある
ものの次の諸症:
産前産後の神経症、更年期障害、
月経不順、血の道症、神経症

<効能・効果に関連する注意>
血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、
更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる
精神不安やいらだちなどの精神神経症状および
身体症状のことである
価格(税抜) 90包:10,500円