味麦地黄丸

味麦地黄丸(みばくじおうがん)
この漢方薬について せきは一般に肺や気管支などの疾患に
よって発症するものです。一方、漢方では
腎虚といわれる老化によって発症する
という考え方があります。
漢方では、「呼吸」の
「呼(吐く息)」は肺がコントロールし、
「吸(吸う息)」は腎がコントロールする
と考えています。したがって、老化に
よって慢性化した呼吸の障害(特に息が
深く吸えない、息苦しい)がある
場合は、腎虚によると考えて治療を
します。そのような時に用いられる
のが味麦地黄丸です。
老化(腎虚)の色々な症状を伴う
からぜき、手足腰の痛みやしびれ、
小便の出が少なかったり多かったりする
排尿異常、視力の衰え、乾燥による
皮膚のかゆみや口の乾きなどに用いられる
お薬です。
効能・効果 体力中等度以下で、疲れやすく
胃腸障害がなく、ときにせき、口渇がある
ものの次の諸症:
からぜき、息切れ、下肢痛、腰痛、
しびれ、排尿困難、頻尿、むくみ、
高齢者のかすみ目、かゆみ
価格(税抜) 90包:12,000円