九味檳榔湯

九味檳榔湯(くみびんろうとう)
この漢方薬について かつては脚気(ビタミンB1欠乏症)様
症状である足のむくみ、痛み、
動悸(どうき)、息切れなどによく
使われた処方です。
今日の日本では食生活が改善された
一方で、手軽に摂れる食品が豊富になり、
不規則な社会生活とあいまって、
食の偏りが目 立つようになりました。
生活面の整備が進み、汗をかきにくい
環境になった中で、水分や味の濃い物の
摂り過ぎで、体に余計な水を溜めこんで
しまうようです。
このような偏食や水分代謝の異常により、
下半身のだるさ、むくみを訴える現代人が
多くなっています。このような方に
九味檳榔湯がよく用いられます。
食生活が乱れて、全身の倦怠感を訴えて、
下肢の腫れ・だるさ、過食していないのに
太る(水太り)、むくむなどの症状に
ぜひ活用してください
効能・効果 体力中等度以上で、全身倦怠感があり、
とくに下肢の倦怠感が著しいものの
次の諸症:
疲労倦怠感、更年期障害、動悸、息切れ、
むくみ、神経症、胃腸炎、
関節のはれや痛み
価格(税抜) 90包:7,500円