甲字湯

甲字湯(こうじとう)
この漢方薬について 甲字湯は、江戸時代後期の水戸藩侍医の
原南陽が創った「お血を理(り)する」
(滞った血流を改善する)処方で、
桂枝茯苓丸に、胃の働きを整えるとされる
甘草(かんぞう)と生姜を加えた
漢方薬です。
お血による諸症状、血の道症、生理不順、
のぼせやすく足は逆に冷える、打ち身が
あざになりやすいという方に用います。
甲字湯は、比較的体力がある方で、
生理が不順でつらい方、打撲すると
内出血を起こす方、のぼせて足が冷え、
肩こり、頭痛を訴える方に効果があります。
効能・効果 比較的体力があり、ときに下腹部痛、
肩こり、頭重、めまい、のぼせて
足冷えなどを訴えるものの次の諸症:
月経不順、月経異常、月経痛、
更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、
頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ

<効能・効果に関連する注意>
血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、
更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる
精神不安やいらだちなどの精神神経症状および
身体症状のことである。
価格(税抜) 90包:6,900円