金羚感冒錠     金羚感冒散

金羚感冒散・錠(きんれいかんぼうさん・じょう)
この漢方薬について かぜは、悪寒、発熱、頭痛や鼻、
ノドなどに炎症を伴う疾患で、一般に
かぜ症候群といわれます。漢方では寒けが
強く、うすい鼻水や痰がタラタラと出て、節々が痛い ときは「傷寒(しょうかん)」
といい、熱っぽく(発熱)、ノドが赤く
はれて痛み、痰や鼻水が粘り口が渇く
ときは、「温病(うんびょう)」と
いいます。
金羚感冒散・錠は、温病の諸症状に
用いられる代表的なお薬です。
寒冷(冷え)より、熱が原因となる
かぜですので、夏かぜの諸症状にも
よく応用されています。
効能・効果 かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き
せき・頭痛
価格(税抜) 72錠:1,800円
90包:13,600円
「金羚感冒散・錠」は商品名です。